名称未設定-5_アートボード 1.png
名称未設定-5-02.png

CONCEPT OF

生産者さんと、食べる人。
二つをもっと近く、楽しく自由に。

名称未設定-4-06.png
農家さん集合_アートボード 1.jpg

生産者さんの1番の願い。それは育てたものがちゃんと出荷されること。そして食べた人の「おいしい」が聞きたい。とてもシンプル。

しかし、既存のシステムでは、間にたくさんの業者が入り複雑化され「作っている人」のことは薄れてゆき、生産者さんの想いが届くことはありません。

また大きな販売ルートにはがあり、少しでも基準に合わない野菜や食べ物は出荷することができません。私たちが「別にいいよ!」と思ってもそれらが届くこともありません。
 
プラスヤオヤでは物流や梱包など中間業務を一括で行い、より自由な販売方法やコミュニケーションを提供します。生産者さんと食べる人の間の距離を、時間・気持ちの両方においてぎゅっと縮めます。誰でもどこでも、もっと自由に楽しくヤオヤをプラスするお手伝いをしていきます。

 

別々の2つが手を組むからできる、
農業繁盛×地域円満の新しいカタチ

名称未設定-4-07.png
名称未設定-7_アートボード 1.jpg

天候リスクや市場の規格、人手不足。農業をはじめとした第一次産業の抱える問題は複雑でとても大きく、農家さん個人の努力でなんとかできるものではありません。

しかし、「困った」「どうにかしたい」「足りない」、そんな想いを抱える2つが共に手を組むからこそ生まれる「プラス」があります。

新たなお客さんの開拓、ご近所との交流、社員への福利厚生やコミュニケーションの場として、売り上げは活動費として、ヤオヤをプラスすることでその場所には新たな「プラス」が生まれます。

 

そしてそのことが、新たな販路や消費者とのコミュニケーションの場など、生産者さんへのプラスを生み出します。

両者が存在していること自体が、お互いの助けとなる。当たり前だけど、大切なこと。このことをベースに、それぞれが自分たちのしたい活動をし続けられる、そんな世の中を作っていきたい。私たちプラスヤオヤはそう願っています。